< 目 次 >
◆トップページ
◆昭和聖徳記念財団について
◆事業活動
  
◇昭和天皇記念館
  
◇生物学の学術研究助成
  
◇青少年の健全育成及び
    自然環境保全のための社会活動
  
◇陵墓勤労奉仕募集
◆刊行物
  
◇新聞「昭和」
  
◇昭和天皇御製カレンダー
  
◇出版図書
◆会員募集
◆リンク集
昭和聖徳記念財団について


 
会長挨拶

公益財団法人移行に関してのご挨拶

財団法人昭和聖徳記念財団は、平成3年12月27日文部省(現在の文部科学省)の許可を受け設立されましたが、このたび内閣府の公益認定を受け平成23年4月1日設立登記を完了し、新たに公益財団法人昭和聖徳記念財団として発足しました。

当財団の設立の趣旨は昭和天皇のご聖徳をたたえ、そのご事績を広くかつ後世に伝えようとするものであり、昭和から平成の時代に移り20余年を経過し、昭和天皇のご事績を知らない世代も増え、当財団に課せられた使命は益々重要になってきております。

公益財団法人としての活動の出発にあたり、平成17年11月に開館した「昭和天皇記念館」を中心に、心を新たに活発かつ適正な公益財団の運営に向けて一層の努力を続ける所存であります。皆様方の従来以上のご協力とご支援をお願いしたいと存じます。

平成23年4月1日
公益財団法人昭和聖徳記念財団
会長  綿 貫 民 輔

設立趣旨

   昭和天皇の御在位は60有余年とわが国史上例をみない永きに亙りましたが、この時代はまさに波瀾と激動の連続でありました。
   この間、昭和天皇は国民と苦楽を共にされながら、国民の幸せを願われ日夜お心を砕かれたのでありますが、特に終戦のご聖断によってわが国は辛うじて破局を免れることができたのであります。
   昭和20年9月、マッカーサー元帥との会見において、ご一身を投げ出されて国民の救済を求められた大御心が元帥をいたく感動させたことは、今や大方の人の知るところであります。
   また、昭和天皇は昭和21年2月の川崎市を皮切りに、9年間にわたって全国各地をご巡幸され、戦禍に打ちのめされた国民を鼓舞、激励されました。 これは陛下ご自身の強いご意向によるもので、ご健康などは一切斟酌されず、ときにはご料車の中で宿泊されるほどの強行日程の中、鉱山の坑道深く入られたり、赤銅色の顔をほころばす漁師に声をかけられたり、戦災孤児に優しく手を差しのべられるなど、温かくそして力強く国民を励まされました。
   わが国が戦後40年余の歩みのうちに今日の繁栄を築き上げたのは、国民の努力の賜ものであることは勿論ですが、同時に昭和天皇の大御心が民心の安定と活力の源となっていることを忘れることはできません。
   昭和天皇のもとで「昭和」の時代を生きてきた私たちが、様々な形や方法でご聖徳を永く後世に伝え継いでいくことは誠に意義深いことであり、またそれは私たちに課せられた責務であると考えて、昭和聖徳記念財団を設立いたしました。





昭和聖徳記念財団ホームページトップへ